つらい痛みを和らげる可能性がある対処法

 1:市販されている痛み止めを内服する

例えば「ロキソニンやロキソニンS」は痛みや腫れを抑える効果があります。

「注意すべき副作用」を参考にして内服します。

 

 2:親知らずの周囲を冷やす

頬(ほほ)側から親知らずの周囲を氷や保冷剤をタオルに包んで冷やします。

「冷えピタ」などを頬に貼るのも炎症の急性期には痛みを和らげるのに

効果があります。

 

 3:親知らずの周囲を清潔にする

親知らずが斜めや横に生えていると、食べかすが詰まって不潔になりやすく

歯茎が腫れる原因になります。詰まっている食べかすを歯ブラシや糸ようじなどで

優しく取り除きます。歯ブラシは柔らかいものを使用します。

 

 4:洗口剤は刺激の少ないものを使用する

最近の研究では、洗口剤の多くのものが親知らずの周囲の炎症を悪化させることが

証明されています。「うがい」をする場合はコンクールの様な刺激の少ない

洗口剤を使います。食塩には抗菌作用があので水に溶かして洗口するのも

効果が期待できます。

 

 5:食事は柔らかいものを食べる

硬いものや刺激物は炎症を悪化させる原因になります。

炎症が起きているところを安静にさせるために柔らかいものを

食べる様にします。腫れがひどい場合には高カロリーゼリーなどで

栄養を補給して免疫力を高めて下さい。

 

 医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

   TEL. 03-5667-2821