歯の痛み、むし歯以外の原因は?

むし歯でもないのに歯が痛む場合は要注意

です。

考えられる病気で頻度の高いものを挙げます

 

1:歯周病

歯茎がはれたり、出血したりするようであれば可能性があります。

放置すると骨が溶け、歯が抜けてしまうこともあるので要注意です。

 

2:急性上顎洞炎

上の奥歯に痛みを感じる「急性上顎洞炎」は、鼻の横にある空洞「上顎洞」に

膿(うみ)がたまる病気です。風邪を引いた後によく発症する傾向があります。

 

3:顎関節症

頬(ほお)のあたりにも痛みを感じるようであれば、疑われます。

 

4:非定型歯痛症

これは近年になって病態(どのような病気なのか?など)が次第に

明らかになってきている病気です。原因は非常に複雑です。

 

これらに関しては、自分で痛みの原因を探ろうとしたり、

鎮痛剤で痛みをごまかさずに歯科医院を受診しましょう。

 

*特に、4:「非定型歯痛症」に関しては注意が必要で、複数の歯科医院を受診しても

はっきりと原因がわからず、「むし歯の治療をしてもらったが、痛みが消えない」

「歯を抜いてもらったが、痛みが消えない」などの理由で精神的に追いつめられる

患者様も少なからずいらっしゃいます。*

 

私個人(西葛西歯科室ー院内責任者)はこの症例の患者様の治療経験から、

あくまで個人的な見解ではありますが

歯科領域全般にわたる臨床経験をある程度積んだ歯科医師でなければ

経験上この症例に関しては診断が困難なため

「充分に対応できないのではないか?」と考えております。

 

以上、これをお読みになっていらっしゃる方々の参考になれば幸いです。

 

医療法人 社団桜栄会 西葛西歯科室

院内責任者 渡邊明紀 (国立長崎大学 歯学部卒)