親知らずを抜いた方が良い場合(下顎)

 

 

 

 

 

 

 

上の状態だと親知らずの前の奥歯、第二大臼歯は、かなり磨きづらそうです。

この部分のレントゲン写真を撮ってみると、第二大臼歯の親知らず側が

大きな虫歯になっているのが判ります。

 

 

 

 

 

 

この状態では、いつか虫歯が神経まで到達し、強烈な痛みが出てきます。

治療しても再び虫歯になりますし、親知らずを早く抜歯しないと

第二大臼歯を失うことになりかねません。

 

この様に斜めに倒れて生えてきた親知らずは、抜歯の適応症と考えられます。