日本最古の入れ歯は室町時代のもので、歯や歯茎の部分が全て木で出来ていました。

入れ歯が一般的に広まったのは江戸時代中期からで、

仏像を彫る木仏師が入れ歯を作る『入れ歯師』として庶民の間で活躍する様になってからです。

材料は彫刻しやすく加工後の狂いが少ないことから黄楊(つげ:将棋の駒、印鑑などで利用されている)

が使われました。

 

 

同じ時代の西洋では、実際には使えない見た目だけの入れ歯しかありませんでした。

食事ができることが前提になっている江戸時代の技術力の高さには驚かされませんか!?