感染予防対策

感染対策の基本となるのは

1: 標準予防策(スタンダード・プリコーション)

2: 感染経路別予防策

です。

1: 標準予防策は「すべての患者様のすべての湿性生体物質:血液、体液、分泌物

等は、感染性があるものとして取り扱わなければならない」という考え方を基本としています。

標準予防策の遵守、患者様ごとの環境消毒に対する配慮、そして診療室環境に応じた

感染予防の工夫により、高いレベルで院内感染対策の向上を図っております。

 特に今回の新型コロナウイルスの場合は、このウイルスの特性を良く理解した

上で、以下の点に留意して診療にあたっております。

  エアロゾル感染の排除

「エアロゾル」の定義は国によって異なる部分がありますが、「気体中に浮遊する

微小な液体または固体の粒子」を指します。

●当院診療室内のエアロゾル対策:吸引装置の適正使用

 ・患者様の口から放出される液滴とエアロゾルの分散を防ぐために、口腔内での

歯科用バキュームの確実かつ的確な操作を実行しております。

 ・口腔外バキューム(口腔外吸引装置)を使用しての浮遊物の、可能な限りの

排除を実行しております。

2: 感染経路別予防策は予想される感染経路を遮断するなどして、その有効性を

高めるよう努めております。

 

 以後も来院される患者様皆様が安全に、そして安心して診療を受けられる環境を構築し、

そして維持してまいりますので、これからもよろしくお願い申し上げます。

医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

 TEL. 03-5667-2821

    (地下鉄東西線 南口から徒歩1分)