むし歯になりやすい部位

TOP3

 

 

 

デンタル・フロス(上の図の1:歯と歯の間のむし歯予防)の使い方  

一般的な糸巻きタイプの場合)

1.フロスを約40cm程の長さに切る。

2.フロスの両端を、それぞれ左手と右手の中指に2~3回巻きつける。

3.両手の親指と人差しでつまんでピンと張る。

4.そして、歯と歯の間にゆっくりと挿し入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯間ブラシ(歯と歯の間の歯茎のマッサージ:歯周病対策)の使い方

1.歯と歯の間の隙間に合ったサイズのものを選びましょう。

2.左右の歯の表面に沿わせながらブラシを動かします。

3.奥歯に使用するときは、歯列の内側と外側から磨くと、より良いでしょう。