患者さまの心に寄り添いながら、共に歩む歯科医院であり続けます

 

早いもので診療体制を刷新し、私が院内責任者として歯科診療をはじめてから

約3年がたちました。

その間いろいろな事がありましたが、皆さまのご理解よびご協力をたまわる事ができまして

診療の質や量の大幅な前進を実現でき、現在では西葛西地区はもとより都内全域から

患者さまに来院していただいております。

 また、年齢を問わず多くの女性の患者さまにも通院していただけているのは

決して十分だとは考えておりませんが、「やさしい診療室」「やさしい歯科治療」が

それなりに実現できているためではないかとも思っております。

 

大学を卒業してから長い年月がたちましたが、現在でも麻酔科の教授の言葉を思い出す

ことがあります。

 

「大きな外科手術の前日には、お腹の調子が悪くなる事がある」

 

口腔領域の例えばガンの手術は20時間を越える場合もあり、その間一貫して患者さまの

非常に細かな全身状態の把握および管理が必須となります。

お腹の調子が悪くなるのは『緊張感』のためなのですが、適度の『緊張感』は

人の力(能力)を高めてくれる作用があります。

 

歯科医師になってから本当に多くの患者さまの歯科診療に携わってまいりましたが、

これからも『緊張感』を維持しながら、患者さまの診療に携わってまいりたいと

思います。

 

 

 

 

 

 

大規模診療所ではありませんが、常に前を見すえて

患者さまの心に寄り添いながら、共に歩み続ける

『西葛西歯科室』であり続けたいと考えております。

 

医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

  TEL.03-5667-2821

    院内責任者:歯科医師

   国立長崎大学歯学部卒 渡邊明紀