日本人は先進国の中でも比較的にオーラルケア意識が低いと言われますが-

今年5月29日に、歯科医師・歯科衛生士・歯科業界各社が連携して様々な情報を発信する

「ブレス・ハザードプロジェクト」によるセミナーが開催されましたが、今回のセミナー

では日本人に関しての『口臭白書2019』の発表が行われました。

今回、ブレス・ハザードプロジェクトは4700人を対象とした口臭ケアに関する意識調査を

実施すると共に、口臭測定器を使用して首都圏200名を対象にした口臭の実態も調査。

 

口臭レベルの測定値を見てみると、「周囲の人が気になる臭いの基準値」とされる

50を超えたのは、全体の13.1%という結果で、男女で比較すると女性の割合は男性の

2倍以上となりました。

そして、その他のデータも含めて検討された結果、女性の約6割は「口臭予備軍

と位置付けています。

  

   まとめ

 『口臭白書2019』では、

・「口臭レベルが深刻なのは男性より女性」

・「歯磨き回数と口臭は無関係」- 磨き方や口腔内のケアの仕方に要注意

・「口臭は夫婦・恋人とのコミュニケーションに深い関係あり」

 とまとめています。

 

 

  

 

 

  医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

   TEL. 03-5667-2821