患者様との「つながり」

もうすぐ楽しかった事だけではなく、苦しかった事なども過ぎ去って

新しい年を迎えようとしていますが、また先日不思議とも思える出来事が起こりました。

「あの患者さん、最近来院されないけど、どうしていらっしゃるのだろう?」

と思った患者様がその翌々日来院されたのです。

そして、同じような事が時折起きるのです。

  『脳に患者様のおおよその来院周期が無意識のうちにインプットされていて、

その周期から大きく外れると、脳が無意識のうちに反応するから』と考えられなくもない

のですが、それは無機質的すぎるし、少し寂しい気がします。

  そして想う事 - 歯科医療を通じての患者様との「心のつながり」ー

上述の女性の患者様は医療を側方から支援するお仕事をなさっていて、忙しくて

来院できなかったとの事でした。

お口の拝見すると治療中の歯が歯茎の下の方で割れていたので、驚いて

レントゲン写真を撮ってみると何とか抜歯せずに残せそうなので一安心。

すぐに歯肉整形や小外科処置をしてその日の診療は無事に終了いたしました。

もう少し来院が遅れたなら抜歯せざるを得なかったかもしれません。

 それをも含めて、患者様とは不思議な縁(えにし)で繋がっているいる気がして

なりません。

 

  

 

 

 

  医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

    TEL. 03-5667-2821

     院内責任者: 歯科医師

      渡邊明紀