新型コロナウイルス対策には

口腔ケアが有効です

『細菌感染』の場合は粘膜に付着しただけで炎症を起こしますが、一方で

『ウイルス感染』は粘膜に付着しただけでは発症しません。

粘膜細胞の中に入り込む事で発症します。

 そのときに重要な役割をしているのが「酵素」です。

口腔内の細菌(特に歯周病菌)はウイルスが粘膜細胞に入るのを助ける強力な

タンパク分解酵素を持っているので、ウイルスが粘膜細胞の中に感染するのを促進

します。「うがい」も有効ですが、歯周病菌は、歯垢(プラーク)ごと歯磨きで

除去するしかありません。

 ちなみに、口の中が不潔だとタミフルなどのインフルエンザ(ウイルス性)が

効きにくくなる可能性がある事が判明しています。

 

セルフケア(自宅での歯磨き)とプロケア(歯科医院でのクリーニング)で、

ウイルスに負けない口腔内を心掛けたいものです。

 医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

  TEL. 03-5667-2821

    院内責任者:歯科医師

   渡邊明紀 (国立長崎大学歯学部卒)