患者様と向き合うということ-

当院には、理由があって遠方から来院なさる患者様が何人かいらっしゃいます。

 先週もその様な若い女性の患者様が一人来院されました。

体調に不安なことがあり、予約通りに来院されるか心配していたのですが、

定刻前に待合室に到着なさり、まずは一安心。

リラックスして治療を受けられる様に配慮し、詰め物が取れた歯を一本治療して

当日の診療は終わりました。

お帰りになる時に笑顔だったので、ホッとしたのを覚えています。

全ての患者様に快適でリラックスできる診療を提供させていただくことは、容易な

ことではありません。

患者様のご期待に応えられます様に、私たち医療従事者は常に成長し続ける努力が

必須であるのは当然のことと思います。

 

 ところで、私が以前診療を担当した女性に、慶應義塾大学文学部出身で

歌手(作詞・作曲家)の竹内まりやさんの一年後輩の方がいらっしゃいましたが、

その患者様に勧められて竹内まりやさんの曲をよく聴いた時期があります。

そして曲の一つに「いのちの歌」がありますが、歌詞に次の様な一節があります。

  生きてゆくことの意味

  問いかけるそのたびに

   胸をよぎる愛しい人々のあたたかさ

       ・・・

  本当にだいじなものは

    隠れて見えない

       ・・・

人は人との関わりなしでは生きていけないし、また、その関わりによって

生かされているのだと思います。

そして、患者様と医療従事者との関係も互いに同じことが言えると思います。

 患者様と正面からしっかりと向き合い、

大切なことや本質的に求められていることを見落としたり、見誤ることがない様に

一つ一つ確認することを怠らずに、常に診療に励んでいこうと考えています。

 

医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

 TEL. 03-5667-2821

    院内責任者:歯科医師

  渡邊明紀 (国立長崎大学歯学部卒)

 (地下鉄東西線 西葛西駅 南口 徒歩1分)

 -駅前のビル3階に当院はございます-