新型コロナウイルス感染予防対策-

マスク生活で配慮することは?

マスクを常時着用していると、唾液の分泌量が減少しがちになります。

 お口の中の唾液には次のような作用があります。

1:消化作用

2:浄化作用

 (食べかすなどを浄化してくれる作用)

3:殺菌作用

4:粘膜保護作用

5:歯に対しての再石灰化作用

 (むし歯になるのを予防する作用)

6:口臭抑制作用

 

マスクを長時間着用することで、

上記のような作用が低下して

むし歯歯周病にかかりやすくなったり、口臭が強くなったりする傾向が

あります。

 

〈マスク着用でお口の環境を悪化させないように-〉

・時々、水分補給をする

・丁寧に歯磨きをする

・積極的に歯科検診を受ける

感染症予防対策だけではなく、お口の中の環境対策にも配慮を忘れずに

過ごしましょう。

 

医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

  TEL. 03-5667-2821

    院内責任者:歯科医師

   渡邊明紀(国立長崎大学歯学部卒)