定期検診の重要性

 以前は歯科医院はむし歯や歯周病などを治療する場所でした。

しかし最近はお口にトラブルがなくても、先週来院された脳神経外科医師のように

定期的に検診を受けて、

健康な状態を維持しようという意識が高まっています。

統計調査(日本医師会)でも10~70代の

男女1000人の半数以上が1年以内に歯科検診を受けていることが分かっています。

 

   検診受診の効果は —

 1:むし歯や歯周病の早期発見と予防

早期発見は治療費を低く抑え、また治療期間を短縮できます。

 2:全身の病気を予防

歯周病は、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病、

アルツハイマー病などにも影響を及ぼすことが判明しています。

 3:自分の歯で食事を楽しめる

定期検診が義務化されている予防歯科先進国スウェーデンでは、

・80歳時の残っている歯の数が平均21本

に対して、

・日本は12本 –

定期検診の効果が数字に表れています。

 4:一生涯にかかる医療費の軽減

定期検診を年2回以上受けている人は高齢になるほど生涯医療費の負担が軽くなり、

65歳では15万円も平均より安くなる、という調査結果があります。

 

 以上により、3ヵ月~6ヵ月ごとの歯科検診の受診は、将来のお口やからだの健康

に対する投資とも考えられます。

 3ヵ月から6ヵ月間隔の歯科定期検診の受診を習慣づけたいものです。

 

医療法人社団 桜栄会 西葛西歯科室

 TEL. 03-5667-2821

   院内責任者 : 歯科医師

  渡邊明紀 (国立長崎大学歯学部卒)

(地下鉄東西線 西葛西駅 南口 徒歩1分)

-駅前のビル3階に当院はございます-